職選びの失敗は、

「自分の専門分野はITだからIT業界」

「有名な企業の名前だから安心」

「平均年収が高いから30歳には自分もそれくらいもらえるだろう」と決めつけてしまっていたことです。

これは明らかに自分の怠慢から生じてしまった失敗です。
自分の足でいろいろな企業の情報を集めるのは大変です。
時間もかかります。
しかし私は、それを怠ったためさらに大変になり時間も無駄にしてしまいました。

そして自分のことをもっと知らなくてはなりませんでした。

そして専門分野がITだから仕事もITにしようというのが特にまずかったです。

知識だけでは仕事はできないということを強く思い知らされました。

自分の特性をしっかりと知り、どんなことをすると満足できるのか、
その満足は嫌なことにも耐えられるほどの自分にとってやりがいなのか、と、
自分が納得できるかが重要だと思いました。

その後、私は転職をしました。

この経験からの反省を活かし転職前には100社近くの企業の方から生の話を伺い、たくさんの情報を集めました。

自分自身を知ることにもしっかりと時間を使いました。

半年ほどこれらのことに時間を費やし、研究し転職を実現しました。

納得いく職場で働くことができ、長くつとめさせていただいています。